2019年8月14日水曜日

第139話 日常のひとこま15「相手に伝えるために」

~ 師長・副師長・主任Nsが 日々あふれている「日常ひとこま」 を
                   不定期につぶやき、発信するページです ~

こんにちは。今回、手術室で勤務しております北山が担当させていただきます。
今年は、遅めの梅雨入りでしたね。たまに晴れる日に大量の洗濯物を干してスカッとしている私ですが、少しお付き合い下さい。
私は、2年前から手術室で主任として働いていますが、3人の子供(6才・4才・おなかに1)の母親でもあります。長男は人生初の12日でお泊り保育があり、親から離れて行動するプチ旅行がありました。最近の長男は、とてもお兄さんらしくなり、弟の面倒を見たり、レゴで色んな物を作ったり、自分で何でもするようになりました。6年前、初めての育児で思うようにいかずイライラしていた時期もありましたが、今振り返るとあっという間で、長い目で子の成長を願い、関わる大切さを子供たちから学びました。

仕事の話に戻りますが、今年4月に手術室にも4人の新人看護師が入職してくれました。そんな4人も3ヵ月が経ち、少しずつ自分でできることも増えました。教育担当チームが毎年、年間スケジュールを計画・立案して、23年と1人前の看護師へと導く関わりをしてくれています。また、部署全体でも育てていくという風土を築き上げてくれています。私は、子育てと似ているなあと感じています。
主任になって、大事にしていることがあります。それは、まず相手と話すことです。相手の思っている事を知り、そしてこちらの思いを伝えていくようにしていますが、なかなか伝えるのは難しいですね。
そんな中、主任看護師という雑誌を読んでいると、「相手に伝えるための基本的な4つの方法」という内容の記事があったので紹介したいと思います。

  怒りにとらわれた伝え方はしない。
→相手の意見をしっかり聴き、冷静に自分の思いを語る。
確かに、子供を叱る時、少し感情が入っている気がしました。・・・反省
  話のポイントを明確化する。
だらだら話しても疲れて内容が入ってこないので、ポイントで伝える。
                              ・・・今後の課題
  意見に一貫性を持つ。
指導者によって指導する事が違ったりするので、注意が必要です。・・・これも課題  「目標」を示し、言語化する。

あくまでも経験上や個人的な意見も入っていますが、子育てや教育の現場でも活かせる内容だと思いました。自分をここまで成長させてくれた先輩や両親がいて、時には反発した事もありましたが、今は感謝しかありません。次は私の番だと思っています。未来ある新人たち(子供たち)と前に進み、共に成長したいです。

忙しい中、目を止めて読んで頂きありがとうございました。悩んでいたり、共感してくださる方は是非、手術室の北山を探しに来てくださいね。
出典:主任看護師 管理・教育・業務 Vol.28  No.5

2019年8月3日土曜日

第138話 日常のひとこま14「ツカザキ訪問看護ステーション網干のご紹介」

~ 師長・副師長・主任Nsが 日々あふれている「日常ひとこま」 を
                   不定期につぶやき、発信するページです ~
みなさんはじめまして。

ツカザキ訪問看護ステーション網干の管理者の香山です。
ツカザキ病院は急性期病院ですが、地域包括ケア病棟、回復期リハビリ病棟が開設となり、救急搬送された患者様が様々な治療を受け、在宅に帰る。この流れを訪問看護ステーション網干が開設されたことで、ツカザキ病院のあるこの地域でシームレスにサポートできるようになりました。
私は現在まで看護師経験のほとんどを急性期病院で過ごしてきました。
「在宅の」の経験もない私が訪問看護に携わることになり、「訪問看護ってなに?」
「どんなことするの?」と、慌てて古い記憶を呼び起こしたり、看護師仲間に確認したり、もちろん勉強も・・・しましたよ(;^ω^)
そして開設にあたっては看護部門、在宅部門、診療部門、事務部門など様々な方の配慮と協力があり無事に61日を迎え、訪問看護ステーション網干として利用者様宅へ訪問に行くことができました。

訪問看護とは病気や障害を持った方が住み慣れた地域や家庭で、その人らしい療養生活が送れるように多職種と協働しながら支援するサービスです。当ステーションでも看護師のほかに理学療法士が在籍し、リハビリが必要な利用者様に訪問しています。また、居宅介護支援事業所も併設しているので、介護支援専門員(ケアマネージャー)もすぐに相談や連絡ができ、スムーズにサービスの調整ができます。それぞれが専門性を活かし、意見交換しながら各利用者様の『その人らしさ』って何だろう・・・と考えています。
みんなが事業所内に集まると、自然と利用者様のカンファレンスなります。「〇〇さんに乗ってもらいやすい車いすは本当に今のものでいいのか」「今日訪問した□□さん、最近笑顔がよく見えるようになったね」「△△さんにあまり疲れが出ないようにするにはどのタイミングでリハビリと看護ケアを組み込んだらいいかな」など、ディスカッションは尽きません。まだまだこれからですが、看護師4名・理学療法士3名・事務員1名・介護支援専門員2名の合計10名のスタッフで協力し頑張っていきたいと思っています。
今回は「ツカザキ訪問看護ステーション網干」を知ってもらおう!を訪問看護の宣伝部長香山がお伝えしました。数回後のブログでは、実際訪問看護ではこんなことしてますよ。という内容を訪問看護の実践隊長藤原主任が伝えします(@^^)/~~~

2019年8月1日木曜日

第137話 看護部長のつぶやき37「使う言葉や口癖が変われば人生も変わる・・・?」

~看護部長が看護にかかわるさまざまな「気になること」を
                    不定期につぶやき、発信するページです。~

皆さま、こんにちは。河本智美です。
7月も下旬を迎え、夏本番になってまいりました。学生さんは夏休み・・・。いいですね~。楽しい思い出をたくさん作ってくださいね。
さて、当院の新人看護師は、部署により早出や遅出の業務が先輩看護師と共にメンバーにプラス1として始まっています。8月の集合研修では「夜勤の心得」などを学び、夜勤への準備を少しずつ始めます。この季節は生活のリズムも変わり、また夏の暑さも加わり、体調を崩しやすくなります。体調管理をしっかりと行いましょうね。

本日のつぶやきは、ここ数か月に何度も目にしたり耳にしたりした言葉についてです。先月もこのフレーズを書きましたが、この現象って最近多いのです。何かを教えられているような気がしてなりません。

「あたりまえ」を「ありがとう」と言うのが感謝
「だから、なに?」を「おめでとう」と言うのが賞賛
「もう、ダメだ」を「これからだ」と言うのが希望
「なりたいな」を「なってやる」と言うのが決意
「もういいや」を「まだ待とう」と言うのが忍耐
「疲れた」を「頑張った」と言うのが努力

この文章は調べてみると作者は不明だそうです。言い伝えのように受け継がれているそうです。自分の言葉を一番そばで聞いているのは、紛れもなく自分自身です。日常的に使う言葉を肯定的なものに変えることで、自分の認識が少し変わり、違う視点で物事を見ることが出来るのではないかと思います。「ダメだ・・・。」何気ない一言かもしれません。「疲れた・・・。」あまり深く考えずに発している言葉かもしれません。でも、これを無意識に言い続けていると、ますます自分自身が疲れてくるのではないでしょうか?また、周りの人達にも影響が出るのではないでしょうか?周りも一気に疲弊させてしまうこともあるかもしれません。
では、どうしましょう・・・。とても忙しく疲れ果てたときに「あぁ~しんどい。疲れた・・。」より「よし!私は今日もよく頑張った!健康に感謝!」に変えてはどうでしょう・・・。
何気なく発した小さな言葉の一つ一つの積み重ねが、その後の人生を大きく変えると言っても過言ではないと思います。なぜって、自分の言葉は自分自身が一番そばで聞いているのですから・・・。夏本番!さぁ~がんばるぞぉ~!(^o^)丿
                  引用参考:http://www.image-com.jp/blog  https://naomi-do.com

2019年7月31日水曜日

☆リアルタイムレポート 手術室☆

皆さんこんにちは!広報担当宮浦です!
当院看護部では、病棟の様子を皆さんに知って頂くため、資料請求・病院見学会・就職説明会にお越し頂いた方を対象に「リアル」な「レポート」をハガキでお届けしています!
今回は6月にお届けしました、手術室をご紹介します!(^o^)/


興味をお持ちいただいた方は、是非病院見学へお越しください!(*^▽^*)
既卒者 見学申し込みはこちら
学生・新卒者 見学申し込みはこちら

2019年7月24日水曜日

第136話 日常のひとこま13「命と向き合う白衣の戦士も・・・」

~ 師長・副師長・主任Nsが 日々あふれている「日常ひとこま」 を
                   不定期につぶやき、発信するページです ~

こんにちは。今回ブログを担当します5階病棟  副師長の牛尾といいます。
私は6月22日にスタッフの結婚式に博多まで行ってきたことをお伝えします。
実は博多には行ったことがなく、行く前からとても楽しみにしていました。博多について、移動中のタクシーの中で、結婚式で読む祝辞の練習をしていたら、タクシーのおじさんにほめていただき、なかなかのいいスタートでした。

一緒に披露宴に参加する主任と二人でヘアセットと着付けをしてもらい、そして結婚式。
式場は博多湾の海岸にあって、まるで海の上にいるように感じる素敵なところでした。大きなステンドグラスのあるチャペルで、白いドレスを着ている花嫁はとても幸せそうで、私まで幸せな気持ちになりました。
披露宴での祝辞は練習通りにはいきませんでしたが、私の祝辞を聞いて参加していた他のスタッフが泣いてくれているのを見て嬉しかったのと、ほっとしたのとで胸がいっぱいになりました。

披露宴では花嫁はエメラルドグリーンのドレスに、花を髪にたくさん飾り、まるで人魚姫のような装いでした。普段は白衣を身にまとい、一生懸命に命と向き合って働いている彼女も、好きな人のそばにいるとこんなにも幸せそうな顔をするんだなと感無量でした。

看護師という職業は大変ですが、家族や大切に思う人がいると頑張ろうと思えます。スタッフそれぞれが友人、恋愛、結婚、出産、いろんな形で家族、大切な人をもつことができ、笑顔で働ける職場であれたらと私は常に思っています。

一緒に披露宴に出席した主任と一緒に広島の厳島神社に寄って、病院、病棟、スタッフの幸せを祈願してきました。おみくじも引きました。結果は内緒ですが、運は自分で切り開く!がモットーの私ですから。