2020年1月28日火曜日

第162話 日常のひとこま24「自分磨き」

~ 師長・副師長・主任Nsが 日々あふれている「日常ひとこま」 を
                   不定期につぶやき、発信するページです ~

皆さんこんにちは。今回は3階病棟の高橋が担当させていただきます。
今回は、『自分磨き』の話をさせていただきたいと思います。
皆さんは日頃、自分磨きをされていますか?美意識の高い方でしたら、エステに行ったりジムで体を鍛えたりされている方もおられるかもしれませんし、習い事などで教養を高めたりされているかもしれません。自分磨きの方法はイロイロあると思います。残念ながら私はエステにも行っていませんし、習い事もしていません。(基本的に面倒なことが苦手です)
しかし、最近「自分が磨かれている!!」と感じることは、大切だと思える出来事がありました。

ツカザキ病院では、仕事の一環として様々な研修に参加させていただける非常にありがたい学習環境があります。今までにも数多くの研修に参加させて頂いています。その中でも、昨年10月から11月にかけて受講させていただいた兵庫県看護協会 認定看護管理者研修ファーストレベル研修は、まさに『自分磨き』を毎日実感することができる研修でした。
研修受講者は、兵庫県内の病院や介護施設の私と同じような立場の方々です。研修を受けると、「なるほど!!」と思う内容ばかりで今までの自分の勉強不足を痛感する日々でした。しかし、自宅に帰り講師の先生から与えられた課題レポートを作成していると悩みに悩みます。自分の「看護に対する思いはこれでいいのか?」どのような問題が起きていて、自分の課題はなにか」・・・とことん突き止めて考え抜きます。何度も何度も修正をしていくうちに「ピン!」とくる事があります。その瞬間なんとも言えない『すっきり』した感覚で満たされます。絡まっていた糸がすっきり解けたような感覚なんです。このような事を幾度か繰り返すと、人としてまた看護師として磨かれていると実感します。自分にも何かできる気がして意欲が湧いてきます。自分に自信をもって前に進んでいくためには「自分磨き」は大切だと実感しました。

ちなみに右の写真は研修室の一角です。60名の研修生たちで埋め尽くされているのですが、研修の合間には皆さん息抜きに部屋を出られたりされます。1か月にわたり研修を受ける中で親しくなった方もおられ、同士のような関係になり人間関係から得るものも多くありました。

話は変わりますが、先日子供から「これって何なん?」と聞かれました。お正月に出した破魔弓と羽子板です。「何なん?って破魔弓と羽子板・・・」と私が返すとすかさず「なんでこんなん出すん?」と聞き返してきます。「何でって・・・それは、その・・・」確か、購入するときにはお店の人から説明を伺った気がしますが、正しい答えは出てきません。年末の忙しい中、毎年何とか正月飾りを出しているものの、意味もよく分からずに出しているのはよくないですよね。子供にもきちんと説明ができるような教養を身に付けたいと思う一コマでした。
ちなみに、破魔弓の由来は、悪魔を打ち破る・煩悩を打ち払うという意味があり、羽子板にも、魔をはねるといった意味がありどちらも魔除けの意味があるそうです。
皆様も今年一年、魔を打ち払い『自分磨き』に精をだし、良い1年となりますように・・・。

2020年1月25日土曜日

☆★院内旅行に行ってきました!~姫路西村屋~★☆


6月から始まった職員旅行のトリは、師走ということもあって、忘年会気分で『西村屋』に行ってきました。旅行の申込みから半年以上経っているので、自分が申し込んだのがお肉コースだったか、カニコースだったかも忘れていて、席に着いてお膳を見て、納得する始末でした。

看護部長の挨拶と乾杯で会のスタート。私たちは、早くから今回のブログ担当を言われていたので、現地集合・現地解散の2時間余りの食事会の様子をいかに文章にするかと頭を悩ませていました。さすがにブログに載せるため写真は撮っておかなければと思ってみたものの、普段からSNSはしておらず、イマドキのインスタ映えするような写真を撮るウデは持ち合わせていません。周りの方からアドバイスしてもらいながら、角度を替えながら映え写真に挑戦しましたが、結果は・・・・イマイチ。どうしたものか・・と落ち込みそうでしたが、いざ食事が運ばれカニを目の前にするとそんな思いは吹っ飛んで、黙々とカニの身を取り出すのに一生懸命になっていました。

お肉の鉄板に火がつくと、大広間はスモークが焚かれたかのような靄がかかってしまいました。その中で、お肉の焼ける匂いを感じながら、ひたすらカニの身をほじり、味わうという何とも匂いと味のアンバランスなこと・・・・
アルコールもすすみ、医療職場の緊張と責任感から離れ、楽しそうな談笑する姿があちらこちらで見られました。また、かわいいお子さん連れの方もおられ、子煩悩なお父さん・お母さんの顔を見ることも出来ました。

楽しい時間はあっという間で、K医師の「家に着くまでは旅行です。」の言葉で会はお開きになりました。美味しい食事でお腹も気分も満足し、帰路に着きました。
入退院支援センター NT

2020年1月22日水曜日

☆★院内旅行に行ってきました!~嬉野温泉~★☆

112日~3日にかけて院内旅行で佐賀の嬉野温泉へ行ってきました。
8時頃姫路を出発し、まずは博多へ。大宰府天満宮で参拝し、美味しいお昼をいただいたのち、街を散策しました。大好きなジェラートを食べながら、いつも通りだらだらと喋り、その後川下りへ。高校時代に北海道でラフティングをしたことはありましたが、今回人生初の柳川下り。ラフティングとは全然違い、とてもゆったりとした川下りで、綺麗な景色や昔ながらの街並みが見られたり、船頭さんの歌が聞けたり…普段できない体験ができました。

夕方ホテルへ到着、即温泉へ。浴衣に着替え、部屋でだらだらゴロゴロ。18時半から宴会が始まり美味しいご飯にお酒にお喋りに、楽しい時間を過ごせました。夜も温泉にはいり、みんなで食べて飲んで喋って寝て…充実した初日でした。
2日目は起床後ゆっくり温泉に入り、朝食をとりホテルを出発。呼子の朝市で名物の『活イカ』を食べました。踊り食いだったらしく周りは「動いてる!」と何度も指を指しますが私の目には全く動いているようには見えず…向かいの師長さんも隣の同期も「なんで!」と総ツッコミ。まあ、すごく美味しかったので満足です。その後、お土産を買い夜には姫路に帰ってきました。

気が付けば看護師3年目に突入し、もうすぐ一年が経ちます。部署異動で慣れない環境の中、仕事の疲れが少しずつ溜まってきていましたようです。しかし、好きな温泉に何度も入り、いっぱい食べて、いっぱい寝て、何より大好きな同期達と一緒の時間を過ごせ、疲れを忘れるほど楽しいとても良い旅行になりました。リフレッシュも出来たので、明日からもまた仕事頑張ります。
3階病棟A.I

2020年1月20日月曜日

第161話 ブログリレー◇ナースのお仕事その5~仕事編~

皆様こんにちは。今回は手術室所属の玉田が担当させていただきます。
最初に当院の手術室について皆様にご紹介したいと思います。当院は脳外科、心臓血管外科、整形外科、消化器外科、泌尿器科、形成外科、呼吸器外科、眼科の診療科が手術を行っています。7部屋の手術室を23名のスタッフで年間約12000件手術を行っています(非常に多いですよね)。勤務体制は待機制であるため、休み待機の日は行動範囲が制限されています(手術室看護師あるあるですよね)。手術件数が毎年増加しているため、新卒での手術室スタッフも34名と多く採用されています。

最近の私の楽しみは、新人看護師の記録にコメントを書くことです。私は部署の教育担当を担っているため新人看護師の記録を毎月確認するのですが、「一人で自立した手術が増えてきたため、やりがいを感じる」「新しい手術にチャレンジしていきたい」など頼もしく感じるような前向きな記録が多く、「僕も仕事頑張ろう」と刺激をもらっています。また、今年度私は手術看護認定看護師の資格を取得しました。スタッフみんなで協力して「ワンチーム」になれば、手術看護の質も向上していくと思います。One for All! All for One!

成長といえば、小学1年生になる長男(以下太郎といいます)からも感じることがありました。太郎は夏休み前、計算カード(めくると裏に答えが書いてあるカード)に3分かかっていましたが、夏休みが終わる頃には1分をきっていました。冬休みに入り、太郎は昨日まで3回しか飛べなかった縄跳びも、コツを教えると翌日には50回も飛べるようになり、子供の成長にはとても驚かされることがあります。
ちなみに、私はお腹ばかりが成長していきます(太っていく)。冬太りには皆様気を付けていきましょう。


2020年1月18日土曜日

☆★院内旅行に行ってきました!~劇団四季~★☆

皆さん、こんにちは。手術室に勤務しておりますMです。

1215日に院内旅行で劇団四季の「ノートルダムの鐘」を観に行きました。当日は8時半に姫路駅南口のバスターミナルに集合しました。

私は同期入社の看護師三人と参加していました。バスの中はとても賑やかで明るい車内となっていました。そして、途中で宝塚北のサービスエリアで休憩をし、食欲に負けそうになりながらもなんとか無事に京都駅に到着しました。

劇団四季の京都公演会場は、京都駅に隣接しており、ホテルランチの後にすぐに迎える距離となっていました。公演を前に私たち一同は、今回の旅行の二つ目の目玉であるランチバイキングがありました。高級なエントランスから入っていき、席に案内され、待つこと10分後、ローストビーフの良い香りがしてきました。私たちは、このためにサービスエリアでも我慢し、お腹を減らしていたためお腹いっぱいおいしい料理をいただきました。

ランチの後には、劇団四季を鑑賞しました。私自身、劇団四季を最後に観たのは6年ほど前になるため、楽しみにしていました。以前に観たのは「ライオンキング」でしたが、「ノートルダムの鐘」を実際に鑑賞してみると以前よりもたくさんのお客さんがいたことに驚きました。ついに開演し、大きなコーラスとともに公演が始まりました。とても迫力があり、目が離せませんでした。また、次回は違うテーマの劇団四季の公演も観に行きたいと心の底から思えるような気持ちになりました。
そして、帰りのバスでは行きとは打って変わってたくさんの方が寝ていました。朝からの出発であったため疲労困憊といった様子でした。たくさんの方を笑顔にする劇団四季は、すごいものであると改めて実感できました。

皆さんも機会があれば是非、劇団四季に観に行ってみてください。来年の院内旅行には、劇団四季の公演もあるのでしょうか?今から楽しみです。