2019年9月20日金曜日

第143話 日常のひとこま17「イメージすることが退院支援の第一歩」

~ 師長・副師長・主任Nsが 日々あふれている「日常ひとこま」 を
                   不定期につぶやき、発信するページです ~

皆さまこんにちは! ツカザキ訪問看護ステーション網干 看護師の藤原です。
「ツカザキ訪問看護ステーション網干」が開設して3か月が経ちました。看護師は病棟からの異動者がほとんどで、私も回復期リハビリテーション病棟から異動しました。
今回は、私が訪問看護で勤務して感じたことをほんの少しですがお話したいと思います。

当然ですが病院では患者様のケアで必要なものは、ほぼ揃っています。ところが在宅では、医療物品をすべて揃えるのは難しく、自宅にあるもので手作りすることが多いです。例えば、500mlのペットボトルを陰部洗浄や足浴用洗浄のボトルとして使用したり、点滴をする時には、針金ハンガーで即席点滴棒を作成したりして使用します。また病院では医師が近くにいて何かあればすぐに報告ができ、患者様には必要な医療機器が装着され、全身状態の管理ができる環境が整っています。一方在宅では、主治医がすぐに診察ができる状況下にはありません。訪問時に何かあった場合、緊急性があるかどうかも踏まえて、その状況を正確に主治医に伝えて指示を仰ぎます。正確な状況を得るための観察力・観察したことを判断する洞察力・情報を分析するアセスメント力、観察・分析したことを正確に伝える伝達力が必要だと痛感しています。

私が病棟で受け持った患者様が、当訪問看護ステーションを利用されています。入院中はベッド臥床時間が長く、表情も硬くあまり話すこともされず、「本当に家に帰れるのかな?」と心配していました。しかし、自宅退院された現在は「別人なのではないか!」と思えるぐらい表情が豊かで、おしゃべりもたくさんされ、訪問時はいつも鼻歌を歌っておられ、車いすでご自宅の周囲を散策できるまでになっておられます。この方を訪問看護師として関わる中で、やはり住み慣れた「自宅」が一番なのだと実感しました。そんな利用者様、ご家族様に寄り添い、「どんな病気や障がいあっても、住み慣れた自宅(街)で自分らしく生きたい」を支援することが私たち訪問看護師の役割であると思います。利用者様・ご家族様と、「自分でトイレに行きたい」や「歩いて台所まで行って食事をしたい」などの希望をどうしたら叶えられるのかを考えて実践することにもやりがいを感じています。

私自身、病院で勤務している時は「この患者様のご自宅の環境はどうか、家族背景はどうか、退院してからどういう生活を送られるのか」について具体的にイメージして考えられていませんでした。それが訪問看護に携わるようになり、退院後の生活を具体的にイメージし、介入を出来るだけ早期に行い、在宅チームに繋げることが重要であるとわかりました。そして、何よりも患者様・ご家族様がどこを目指したいのかを知ることも必要であると思います。

訪問看護師として在宅療養者の支援だけでなく、病院での退院支援についての重要性などを伝えることも、私たち訪問看護師の重要な役割だと考えています。皆さんは将来、看護師として医療施設で勤務されることと思いますが、日々看護にあたる中で、『この患者様は自宅に帰ったら、どうやってトイレにいくのかな?ご飯は誰が作るのかな?薬はご自分で飲めるのかな?お風呂に入って体を洗えるのかな?』など、イメージしてみてください。そしてイメージし疑問に思うことなどをぜひ声に出してください。そこからが退院支援の第一歩につながっていくのではないかと思います。

2019年9月7日土曜日

第142話 看護部長のつぶやき38「『適当』って・・・?」

~看護部長が看護にかかわるさまざまな「気になること」を
                    不定期につぶやき、発信するページです。~

皆さま、こんにちは。河本智美です。
9月に入り、朝夕は肌寒くなってきましたね。蝉の声もすっかり消え、病院の回りでもトンボの群れが静かに飛んでいるのを見かけます。新人看護師はできる事が増え、変則勤務もこなし、ある意味・・・看護師っぽい生活になってきました。白衣姿の初々しさも薄れ、自分なりにかっこよく着こなしている印象です。

さて、今回のつぶやきは、「適当」です。皆さんは、「適当」と聞いてどんな意味を思い浮かべますか?「適当にやってなぁ~」と言われると、なんだか「いい加減にやっておいていいから」なんて解釈するのは私だけでしょうか?先日も『適当』って言葉はおもしろいよね~。と言う話になって・・・調べました。
「適当」と言う言葉には「いい加減」と言う意味の他にも、逆のことを表す意味もあるそうです。①ある性質・状態・要求などに、ちょうどよく合うこと。ふさわしいこと。②度合いがちょうどよいこと。③いい加減に。要領よく。・・・調べればさらに複雑ですね。「適当」の反対語は「不適当」で、これは誰もが理解できると思います。「適当」によく似た言葉で「適切」と言う言葉があります。「適切」の意味は、ぴったりと当てはまること。です。「適当」にある「いい加減」と言う意味合いはありません。また「妥当」はどうでしょう。これもよく似た言葉ですが、意味は実情によくあてはまっていること。適切であること。となっています。

このようにみていくと「適当」と言う言葉は、幅広い意味を持つことが分かりますね。普段使用している言葉で、このような奥深い言葉は多くは見受けられません。使用しているその人が、どちらの意味合いで使用しているのか、会話の文脈やその人の思考、価値観などを考えたうえで、この会話の中の「適当」を理解しないといけないのです。あぁ~ますます難しくなりますね。でも、私たちは「適当」と言う言葉を、日常茶飯事に使用していると思いませんか。だって使用する側は、「適当」と言う言葉は意思の疎通をスムーズに図るうえで非常に効果的であると考えているからです。しかしそこには、大きな落とし穴が潜んでいると考え直してみてはどうでしょう。皆さん、これからは「適当」と言う言葉に気を付けましょうね。では、今月も頑張りましょう~(^_-)-

2019年9月2日月曜日

第141話 日常のひとこま16「皮膚・排泄ケア認定看護師を知っていますか?」

~ 師長・副師長・主任Nsが 日々あふれている「日常ひとこま」 を
                   不定期につぶやき、発信するページです ~


こんにちは。はじめまして。3階病棟主任、皮膚・排泄ケア認定看護師の加藤つかさです。

日々猛暑が続いていますが、皆様、体調は崩されていませんか?
実は私の娘が7月に2度も熱中症になってしまいました・・・。スポーツドリンクも持たせてこまめに水分を取るように伝えていたのですが、この暑さには勝てなかったようです。
幸い軽症だったので病院のお世話にならずに済みました。(ホッ)
でも今月は子供の運動会や体育祭があるのでまだまだ油断大敵です!皆様も十分体調には気を付けてお過ごしくださいね。ちなみに、我が家の犬も熱中症にならないよう、家族がいない時間帯もエアコンはつけて出かけます。犬にも気を使いますね…

話は変わり、皮膚・排泄ケア認定看護師って皆様ご存じですか?この資格は皮膚・排泄ケアに関する専門分野を深く勉強し、日本看護協会の試験にパスすると与えられる資格です。
具体的には、ストーマケア(人工肛門・人工膀胱のケア)や褥瘡(床ずれ)、創傷(傷)、排泄ケア(排尿・排便に関するケアやオムツケア)に関することを実践し、時には相談を受け具体的なアドバイスを行ったり、スタッフへ指導したりしています。また、毎年、院内専門研修を行っており、今年は8月に「褥瘡のリスクアセスメントと予防」について看護師対象に講義しました。外部施設からも講師依頼があれば出張し、実践に生かせる専門知識を伝えています。
来年の2月には播磨WOCNセミナー(播磨地区の皮膚・排泄ケア認定看護師が主催するセミナー)を当院で開催します。テーマは「ストーマケア」についてです。参加対象者や日時などの詳細は12月頃に地域連携室を通して配信予定です。
当院には他にも感染管理認定看護師や認知症看護認定看護師、脳卒中リハビリテーション看護認定看護師、慢性心不全看護認定看護師、手術看護認定看護師がいます。それぞれ専門知識・技術を得る為に教育課程に進み資格を取得し活躍しています。

私の専門分野でお困りの方や相談したいなど、何かあれば地域連携室(1階受付前にある窓口です)までご連絡くださいね。

2019年8月26日月曜日

第140話 インターンシップにようこそ!

こんにちは。人事担当の丸山です。
当院では83日(土)10日(土)の2日間、インターンシップを開催しました。
当日、体調不良等の事情で数名の方が参加出来なかったことは残念でしたが、合計17名の看護学生の方が参加してくれました。
インターンシップ初体験の方が多く、看護部長の講話中は緊張した様子も見受けられましたが、その後の昼食タイムで先輩ナースと一緒に食事を囲み、楽しい雰囲気で緊張もほぐれ、笑顔がこぼれていました。

午後からは病棟で一緒に行動し、シャドウイングを行いました。
各部署の様子を伺いに行った際、泡で汚れを落とす「シャボンラッピング」の体験に遭遇したのですが、先輩Nsが袋を振って泡立てている様子を覗き込む姿が微笑ましかったです。
また、地域包括ケア病棟では、ナースステーションにて患者様と交流する時間を持つことができており、とても楽しく会話を交わす様子に出会えました。残念ながら患者様の笑顔を掲載する事は出来ませんが、先輩Nsと学生さん達の笑顔の素晴らしさから、その場の雰囲気を想像してもらえると思います。


参加していただいた学生さんより、
「看護師が楽しそうに働いていると感じた」
「看護師同士、他職種、患者様との関係など雰囲気がとても良かった」
「実習とは違った病棟の雰囲気を知ることができ、実際に働くイメージがついた」
など、様々な感想をいただきました。

インターンシップを通して、今後のなりたい看護師像や、就職について考える「キッカケ」になったのではないかと信じています。
次回のインターンシップは、令和23月を予定しております。
日程が決まり次第、HP【学生・新卒の方用】申込フォームに掲載をしますので、チェックを宜しくお願いしますヽ(^o^)丿

体調管理には十分気を付けて、引き続き学業・実習を頑張ってくださいね。
もちろんリフレッシュも全力で!(^^)!

2019年8月23日金曜日

☆国試対策勉強会を開催しました☆

皆さんこんにちは。人事担当の丸山です。
厳しい暑さが続いていますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。
当院では、毎年恒例で行っている内定者向け国試対策勉強会を行いました。
講師の先生は脳神経外科 夫 由彦 院長・循環器内科 楠山 貴教 主任部長です。

夫院長による「脳・神経」の講義は、事前配布の問題集に添った質問を順番に学生に行ったり、座ったまま聞くだけではなく時には手を動かしたり、重要ポイントを声に出して復唱するなど、適度な緊張感と動作を行うことによる相乗効果で記憶に残る講義になったと思います。 
 楠山主任部長よる「心臓・循環器」については、事前に学生アンケートを行い、学生が特に学びたい疾患について重点的に講義を行いました。
学生側の緊張をほぐすため、身振り手振りと冗談を交えながらも、心電図や実際の処置動画を用いた解説が進むにつれ、学生の前のめりになっていく姿勢に学ぶ意欲を感じました。
 講義終了後は、院長よりお茶菓子の差し入れをいただき、同期同士での親睦を深める有意義な時間に繋がったのではないでしょうか。
学生最後の夏休み、勉強も遊びも全力投球して下さいね!